着物に関すること-京呉服取扱、京都市中京区の株式会社塚本です

京呉服をはじめ、お着物のことならお仕立てからお直しまで、お気軽にご相談下さいませ。

お電話 075-221-6610

京ブログ

着物に関すること

美しいキモノ春号掲載「枝唐草流水取り小紋」

2020.02.26

本日は美しいキモノ春号にモデルの高垣麗子さんの着こなしで掲載しております小紋

「枝唐草流水取り小紋」をご紹介いたします。

IMG_4888 (2)s

IMG_4895 (2)s

IMG_4896 (2)s

IMG_4905 (2)s

IMG_4909s

IMG_4910s

021s爽やかなグリーン地に染めた上質なちりめん系の生地「初音」に枝唐草を流水取りに表した華やかな小紋です。

地色のグリーンがけっこうインパクトがある色なので、枝唐草模様はあえて白上げにして

花のしべにだけ色を挿しました。

 

そして流水のような流れのある柄付けにしておりますので、お仕立しますと躍動感のある女性的な仕上がりになります。

今回も撮影で現品の綺麗なグリーン色が中々上手く出ずに四苦八苦(苦笑)

光の加減でちょっと色あせて映ってる所もありますが、ほぼ現品と同じ色に写ってると思います。

(お使いのモニターによって多少違って見えるかもしれません)

 

こちらは皆様ご存じの工芸キモノ野口の商品ですので、このビビットな色を品のあるフェミニンな着物に表現しているのはさすがですね。

すっきりした薄色の帯を合わせて頂くのがおススメです。

そしてもちろん実際に手に取って現品をご覧いただくのが一番ですので、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。


美しいキモノ2020春号に掲載しております。

2020.02.21

婦人画報の美しいキモノ2020春号

表紙は吉田羊さん

重要無形文化財「紬織」保持者、佐々木苑子さんの「谷朧」と題した着物に人間国宝・北村武資さんの帯を合わせておられます。

素敵な着こなしでため息がでてしまいますね。

012s今回の春号では、「春のきもの揃え」がテーマ

フェミニン派としてモデル・高垣麗子さんの着こなしで弊社おススメの小紋を掲載しております。

【枝唐草流水取り小紋】(P44掲載)

帯や小物を替えて別の着用シーンも掲載しております(P45掲載)

021s

022sそして「いまどきの先取りひとえ」をテーマに

モデルの松田珠希さんの着こなしで、弊社おススメの紬ちりめん小紋を掲載しております。

【山路正羽ぼかし小紋】(P99掲載)

028s

そしてさらに今回は、別冊付録「入学・卒業式ママのきものデビュー応援ブック」にも

タレント・小倉優子さんの着こなしで弊社おススメの付下げを掲載しております。

【丸取り四季草花付下げ】(P6掲載)

030sこれからの季節におすすめの小紋と付下げでございます。

是非、ご覧下さいませ。

掲載商品の詳細はまた改めてご紹介致しますのでご期待ください。


きものサロン 2020春夏号に掲載しております。

2020.02.19

家庭画報のきものサロン2020春夏号

表紙は後藤久美子さん

国民的美少女がいまや着物の似合う美魔女ですね

200218_cover_01-1s

今回のテーマは「大人のピンク」

弊社は先日ご紹介致しました総絞り刺繡名古屋帯「桜」をP66に掲載しております。

027s

031 (2)s

004s

007 (3)s

012 (2)s

018 (2)s

013 (3)s改めてご紹介いたします

桃色の総絞り地に「桜」の刺繡を豪華に入れた名古屋帯です。

「総絞り」と「刺繡」この二つのワードを聞くと豪華絢爛のイメージですが、今回のテーマは「はんなり」

刺繍の柄が「桜」と言う事もあり、桃色地に白上げの刺繡で春らしい暖かみのある優しい帯にしあげてあります。

こちらは、工芸キモノ野口の商品ですので、品質もセンスも間違いなしです。

 

ただ総絞りの桃色が撮影では中々うまく色が出ず、上の画像を見ると2種類の帯があるのかと錯覚されるかも知れません。

現物の色はお太鼓や接写にい近いサーモンピンクで、ちょっと離れて太鼓部分や前の腹を撮影すると薄いオレンジ色に写ってしまいます。

本来は現品を見ていただくのが一番間違いないのですが、遠方で無理な方はお太鼓画像や接写のサーモンピンクが現品に一番近い色と思って頂ければ良いかと(汗)

小紋や紬、これからの季節にぴったりの名古屋帯、是非お問合せお待ちしております。

 

 


染名古屋帯「横段七宝華文」

2020.02.17

本日ご紹介致します商品は、染名古屋帯「横段七宝華文」でございます。

IMG_1524s

IMG_1494s

IMG_1512s

IMG_1514 (2)s

IMG_1515 (2)s

IMG_1518 (2)s

上質な五泉の塩瀬地を鳥の子色に染め、横段の七宝や華文を表した染の名古屋帯です。

鳥の子色とは、鎌倉時代に現れた日本の伝統色で黄色がかった白の事

現代で言えば「ベージュとかタマゴ色」、まあ色の表現を日本の伝統ぽくしたかっただけですね(笑)

 

七宝や華文、菊・桐の代表的な文様をを手描きで表しており、ポイントには金箔をいれ格調高さも取り入れております。

本来染の帯は紬などに合わせるお洒落専用の帯というイメージがあったのですが、最近はかんたんな付下げにも合わせられる染帯も作られるようになってきました。

この染帯は、まさにそのタイプで幅広い着こなしを楽しんで頂けます。

そして色も柄も「合わせやすい」といわれるタイプですね。

 

皆様ご存じ工芸キモノ野口の商品ですので品質はもちろん、一般的な量販品とはやはりどこかセンスが違う

紬に小紋、お召しや付下げなどお好みのコーディネイトをお楽しみいただけると思います。

是非、実際手に取ってご覧いただきたい逸品でございます。


格子に輪絞り小紋

2020.02.06

本日ご紹介します商品は、格子に輪絞り小紋です。

034s

020s

022s

023s

024s

025s

026s

027s

上質な浜ちりめんに格子をひき、輪絞りを飛ばしたお洒落な小紋です。

格子と申しましても茶鼠色の線を斜めに、それも濃淡でよろけで引いておりますので格子特有の粋な感じでは無く柔らかな雰囲気。

そして青・黄・緑、三色の輪絞りを上品にとばしております。

 

こちらはご存じ工芸キモノ野口の商品でして、お買い上げいただいて在庫が無くなれば格子の色や絞りの色をかえて弊社が長年このんでつづけている小紋です。

可愛らしさと洒落感もありますし、着物だけじゃなくコートや羽織にしても素敵だと思います。

よくあるプリント染めの小紋との違いを実際に手に取って感じて頂きたい逸品

お問合せお待ちしております。

 


総絞り刺繡名古屋帯【桜】

2020.02.05

本日ご紹介致します商品は、総絞り刺繡名古屋帯「桜」でございます。

031 (2)s

004s

007 (3)s

012 (2)s

013 (3)s

018 (2)s

024 (2)s桃色の総絞り地に「桜」の刺繡を豪華に入れた名古屋帯です。

「総絞り」と「刺繡」この二つのワードを聞くと豪華絢爛のイメージですが、今回のテーマは「はんなり」

刺繍の柄が「桜」と言う事もあり、桃色地に白上げの刺繡で春らしい暖かみのある優しい帯にしあげてあります。

こちらは、工芸キモノ野口の商品ですので、品質もセンスも間違いなしです。

 

ただ総絞りの桃色が撮影では中々うまく色が出ず、上の画像を見ると2種類の帯があるのかと錯覚されるかも知れません。

現物の色はお太鼓や接写にい近いサーモンピンクで、ちょっと離れて太鼓部分や前の腹を撮影すると薄いオレンジ色に写ってしまいます。

本来は現品を見ていただくのが一番間違いないのですが、遠方で無理な方はお太鼓画像や接写のサーモンピンクが現品に一番近い色と思って頂ければ良いかと(汗)

 

小紋や紬、これからの季節にぴったりの名古屋帯。

実はこの帯はメディア掲載予定なのですが、その発表がもっと先になってしまうので現品だけ早くご紹介しました。

(編集部からこんどの○○に掲載されますって告知はNGと言われてますのでスイマセン)

是非手に取ってご覧いただきたいので、お気軽にお問合せくださいませ。

 


染名古屋帯「霞」

2020.02.03

本日ご紹介します商品は、染名古屋帯「霞」

IMG_3590 (3)s

IMG_3577 (2)s

IMG_3582 (2)s

IMG_3583 (2)s

IMG_3584 (2)s

IMG_3587 (2)s

IMG_3588 (2)s

上質な五泉の塩瀬地を薄黄色に染め、霞(カスミ)模様を表した名古屋帯です。

こげ茶、黄土色、水色、そして本金で霞を描いたシンプルな図案の染帯

これが意外とありそうで無いのです。

皆様ご存じ工芸キモノ野口の商品なのですが、付下げや絵羽コートでは「霞柄」良く見ると思いますが意外と染帯で見ないんじゃないでしょうか?

ひょっとして私どもの取引してるとこ以外では沢山あるのかも知れませんが(苦笑)

 

染帯ですから小紋や織物に相性抜群ですが、この染帯ですと付下げまで合わせていただけると思います。

霞の中にに本金の霞を入れたのは、ちょっとフォーマル的な着こなしも可能にするためです。

シンプルで合わせやすいタンスに1本あると便利な帯ですね。

是非、お問合せお待ちしております。

 


洛風林手織八寸帯【樹下双鳥文】

2020.01.30

本日も工芸帯地「洛風林」の八寸帯をご紹介致します。

IMG_2974s

IMG_2888s

IMG_2966s

IMG_2967s

IMG_2968s

IMG_2970s

IMG_2971s

工芸帯地「洛風林」

『真実に美しいものは常に新しい』

もはや説明はいらないでしょう、1954年創業で三宅清治郎、白洲正子、河合寛治郎、棟方志功など多くの文化人との交流の中で培った審美眼で世界中を旅し集めた染織品や工芸品を研究しイメージした図案で制作された帯。

現代でも樋口可南子さんや森田空実さんなど多くの著名人や着物通から信頼を寄せられているブランドです。

 

さて今回の図案は、樹下双鳥文

正倉院文様として知られておりますが、ペルシャからシルクロードを経て日本に伝えられた

聖なる樹の下に動物や鳥が描かれた「樹下双獣文」のひとつを図案化されたのでしょう。

古典文様ですが新しい、洛風林らしい素敵な配色ですね。

 

昨日ご紹介しましたエジプトと同じ、手織りのすくい織で織られた八寸帯です。

袷から単衣の紬や小紋の着物に合わせて頂くお洒落帯

弊社おすすめの逸品でございます。


洛風林手織八寸帯【エジプト】

2020.01.29

本日は、工芸帯地「洛風林」の八寸帯をご紹介致します。

IMG_2986s

IMG_2886s

IMG_2977s

IMG_2979s

IMG_2980s

IMG_2981s

IMG_2982s

IMG_2983s

工芸帯地「洛風林」

『真実に美しいものは常に新しい』

もはや説明はいらないでしょう、1954年創業で三宅清治郎、白洲正子、河合寛治郎、棟方志功など多くの文化人との交流の中で培った審美眼で世界中を旅し集めた染織品や工芸品を研究しイメージした図案で制作された帯。

現代でも樋口可南子さんや森田空実さんなど多くの著名人や着物通から信頼を寄せられているブランドです。

 

さて今回の図案は、エジプト(ピラミッド)

シンプルですが、個性的な洛風林らしいお洒落な柄ですね。

最近はすっかり少なくなった手織りのすくい織です。

やはり機械織とは違い、しなやかで締めやすいのが手織ならでは。

 

そして博多織などでご存じと思いますが、

帯芯を入れて仕立てる九寸名古屋帯と違い、帯芯を入れず横をかがって仕立てる名古屋帯。

帯芯が無い分軽く、袷から単衣の着物に合わせられるカジュアルな帯でございます。

紬や小紋のきものにいかがでしょうか?

 


染名古屋帯【五大陸】

2020.01.28

2020年、今年は東京オリンピック

私も夏が待ち遠しくて、楽しみで仕方ありません。

 

そんなオリンピックイヤーを記念してと言う訳ではないのですが、新商品の染名古屋帯をご紹介致します。

【五大陸】

IMG_1509s

IMG_1498s

IMG_1500s

IMG_1502s

IMG_1503s

IMG_1504s上質な紋織の生地を銀鼠色に染め、五柄の吉祥文様を表した染名古屋帯です。

七宝・小桜・青海波・紗綾形・籠目

この吉祥文様として有名な柄を 5色で表しております。

この5色は五輪の色、この夏に東京で開催されるオリンピックを意識したちょっと遊び心を込めた逸品です。

柄までオリンピックにちなんだ柄にしてしまうと4年に一度しか締められないので、こっそり色だけ取り入れました(笑)

今年だけではなく、毎年お使いいただけますのでご安心ください。

こちらは工芸キモノ野口の商品ですので、センスはもちろん品質間違いなし。

小紋や紬、そしてお洒落な付下げまで合わせていただけます。

是非、手に取ってご覧下さいませ。

 


新春お買い得商品、最後でございます。

2020.01.23

本日ご紹介致します新春お買い得商品は、截金丸取り散らし小紋です。

057 (2)s

060 (2)s

062 (2)s

072 (2)s

073 (2)s

074 (2)s

075 (2)s

076 (2)s

上質なちりめん「初音」を綺麗な水色に染め、丸い截金の文様を散らした小紋です。

截金とは金箔・銀箔・プラチナ箔を数枚焼き合わせ細く直線状に切ったものを筆と接着剤を用いて貼る事により文様を表現する技法です。

日本においては仏像・仏画などから、現代では様々な工芸品に使われております。

その截金文様の丸型を使い、飛び柄の小紋を製作いたしました。

 

截金の中は白抜きで表現しておりますので、格調高いですがシンプル。

仕立てますと付下げの様な雰囲気になりますので、袋帯を合わせてお茶会等のちょっと気の張った場所でもお使いいただけます。

もちろん趣味性の高い名古屋帯を合わせてカジュアルな着こなしでお出かけしても大丈夫です。

 

撮影では綺麗な水色が上手く画像に出ず申し訳御座いません。

一番最初の画像の水色が現品の色に近いと思います。

こちらは皆さまご存じの工芸キモノ野口の商品ですので、他に無い逸品で御座います。

 

最後の新春お買い得商品は、春らしい綺麗な色の商品にしたくてこの小紋にしました。

このタイプの小紋は美しいキモノにも掲載する弊社の定番的な小紋ですので、本来はセールにしてはいけないかと思ったのですが今回だけ思い切って出品致します。

この機会だけの特別価格は、弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さいませ。

この春にお問合せが無ければ通常価格に戻りますので、お好みが合いましたら是非お問合せ下さい。

 


本日の新春お買い得商品

2020.01.22

本日ご紹介致します新春お買い得商品は、半月雪輪葵小紋です。

IMG_5411s

IMG_5461s

IMG_5469s

IMG_5470s

IMG_5471s

IMG_5472s

IMG_5473s

上質な河藤の浜ちりめん地に梅鼠色を染め、半月の雪輪と葵の文様を飛び柄で表した小紋です。

色名をどうするかで一番悩んだのですが、工芸キモノ野口の色名は「梅鼠色」

ピンクがかったベージュ色にグレーも入ってますし、とても表現が難しい奥深い色です。

「はんなり」した色と申し上げるのが似合うお色ですね。

柄は古典文様の中でも人気の「雪輪」と「葵」を使った飛び柄の小紋。

そして撮影でも中々現品の色が出ずに苦労したのですが、一番近いのが最後の画像の色です。

派手でもなく、地味でもなく、そして上品で格調高さもある優等生みたいな小紋です。

工芸キモノ野口の商品ですので品質もご安心ください。

 

そんな弊社の定番的小紋なのですが、この度思い切って新春お買い得商品としてご提供させていただきます。

この機会だけの特別価格は、弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さいませ。

お好みが合いましたら大変お買い得となっておりますので、是非お問合せください。


本日の新春お買い得商品

2020.01.21

本日ご紹介致します新春お買い得商品は、能衣装立涌小紋です。

015s

045s

046s

062s

063s

20160222235454jpg

お馴染みの影織の生地を利休色に染め、立涌の能衣装柄を表したこもんです。

この図案と配色は、弊社が2016年の美しいキモノ春号・きものサロンに掲載して追加お誂えのご注文も頂いております実績のある小紋です。

工芸キモノ野口の商品で、色や生地を変えて長年愛されております人気の図案でございます。

 

久しぶりに同じ色と図案で誂えたのでお買い得商品として掲載するのは悩んだのですが、

思い切って今回特別価格でご提供致します。

この機会だけの特別価格は、弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さいませ。

この春にお問合せが無ければ通常価格に戻しますので、お好みが合いましたら是非お問合せ下さい。

 

 

 


本日の新春お買い得商品

2020.01.20

本日ご紹介致します新春お買い得商品は、ねん金綴錦袋帯です。

IMG_4417 (2)s

IMG_4407s

IMG_4408 (2)s

IMG_4411 (3)s

IMG_4414 (2)s

IMG_4421 (2)s

IMG_4426s

 

京都西陣の老舗織元「桝屋高尾」の代表的な織物「ねん金綴れ錦」

当店も長年にわたり販売しております人気のねん金綴錦袋帯の「段霞紋」

お色は、金と薄緑色の段ぼかしでございます。

色無地から訪問着・留袖などのフォーマルのお着物に合わせて頂くのに最適な帯です。

 

桝屋高尾さんのホームページから引用させていただきますと、

この織物の創作は徳川家に伝わる宝物裂の再現を依頼されたところから始まりました。
この裂には見たこともない珍しい金糸が緯糸に織り込まれていましたので、この糸を作るところから始めました。
そしてこの糸づくりがきっかけとなり、完成したねん金糸を帯地作りに生かそうと試 行錯誤を繰り返し、5年の歳月を経てねん金綴錦を完成させることができました。
その後「彩ねん金」で実用新案特許も取得いたしました。ねん金綴錦の特徴としては、何より軽く締めやすいことと、合わせる着物が多彩であるということが挙げられます。

 

お着物がお好きな方なら今更説明するのも失礼な有名な織物で、

帯としてだけでなく、上皇后美智子様のドレスにも使用されお召しになられております。

シンプルですが格調高く、そして締めやすいのが特徴。

弊社の女将も訪問着に合わせる帯で困ったらこちらの段霞紋袋帯を選んで愛用しているくらい便利な袋帯です。

 

定番商品ですが、この度新春お買い得商品としてご提供させていただきます。

この機会だけの特別価格は弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さい。

お好みが合いましたらお得ですので、是非お問合せ下さいませ。

 

 


本日の新春お買い得商品

2020.01.17

本日ご紹介します新春お買い得商品は、名古屋帯「モガの帽子」

IMG_4380s

IMG_4361 (2)s

IMG_4369s

IMG_4373s

 

IMG_4385s

 

 越後小千谷のペーパーシルク生地に刺繡を施したお洒落な名古屋帯です。

先にご紹介しましたダンスステップと同じ生地で、ペーパーシルクと申しましても紙布とは違い正絹100%です。

その生地に大正時代に流行したモガの帽子を刺繡で入れております。

「モガ」とは「モダンガール」の略

現代でも大正モダンは良く聞かれる言葉だと思います。

紬や小紋等のお洒落用のお着物に合わせて頂く名古屋帯、工芸キモノ野口の商品なのでセンスも抜群です。

 

この機会だけの特別価格は、弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さいませ。

お好みが合いましたらお得ですので、是非この機会に!


本日の新春お買い得商品

2020.01.16

本日ご紹介致します新春お買い得商品は、市松格子小紋です。

002s

108s

110s

112s

114sこちらは、1月11日にご紹介しました薄鼠色の市松格子小紋の色違いでございます。

今回のお色は水色(ブルー)

市松格子小紋の薄鼠色は、嬉しい事にすぐお買い上げいただきましたので追加でのご紹介となります。

 

前回にご紹介させていただいた同じご説明になりますが、

この商品は市松格子の綸子系の変わり織の生地を薄水色(ブルー)に染め、さらに市松文様を大きく白抜きで表した小紋です。

大胆な市松文様ですが、細かい白抜き格子とはんなりした水色が上手く融合して上品な雰囲気に出来上がっております。

この小紋でしたら着物はもちろん、コートや羽織にされても重宝出来るかと。

こちらもお馴染み工芸キモノ野口の商品ですので、品質はもちろんセンスも抜群で安心してお召し頂けるかと思います。

価格の方は、弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さいませ。

前回すぐSOLD OUTした商品の色違いですので、お好み合いましたらお早めにご依頼ください。


本日の新春お買い得商品

2020.01.15

本日ご紹介致しますお買い得商品は、七宝柄の小紋です。

009s

090s

094s

100s

上質な横段の生地を薄桃色に染め、細かい七宝模様を敷き詰めた小紋です。

鮫小紋の様に細かい七宝柄ですので、江戸小紋や伊勢型小紋の様に便利な使い方が出来そう。

そしてはんなりしたお色が上品ですよね。

お若い方から中年さんまでお召し頂けるお色が嬉しい。

さすが工芸キモノ野口の商品、品とセンス抜群でございます。

この機会だけの特別価格は、弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さいませ。

お好みが合いましたら、この機会に是非お問合せくださいませ。

 


本日の新春お買い得商品

2020.01.11

本日ご紹介致します新春お買い得商品は、市松格子小紋です。

005s

102s

103s

105s

106s

市松格子の綸子系の上質な生地を薄鼠色に染め、さらに市松文様を大きく白抜きで表した小紋です。

大胆な市松文様ですが、細かい白抜き格子とはんなりした鼠色が上手く融合して上品な雰囲気

この小紋でしたら着物はもちろん、コートや羽織にされても重宝できるかと。

こちらも工芸キモノ野口の商品ですので、品質はもちろんセンスも抜群で安心してお召し頂けると思います。

価格の方は、弊社ホームページのおすすめ商品をご覧下さいませ。

普通はセールにならない商品ですので、この機会に是非どうぞ。

 


本日の新春お買い得商品

2020.01.10

本日ご紹介します新春お買い得商品は、九寸名古屋帯

【小千谷九寸名古屋帯 ダンスステップ】

089s

095s

096s

098s

093s

越後小千谷のペーパーシルク地に刺繡を施した名古屋帯です。

ペーパーシルクと申しましても紙布とは違い絹100%で、見た目が紙に似た生地ということです。

1962年のダンスステップをテーマに制作されたアンディー・ウォーホールの絵画を参考に、工芸キモノ野口で制作された九寸名古屋帯。

こちらの商品は美しいキモノの別冊付録にも掲載したことのある商品です。

大変お買い得になっておりますので、是非お薦め商品で価格をご確認下さいませ。

 


新春お買い得商品

2020.01.09

令和二年のスタート

お買い得商品のご紹介から始めたいと思います。

せっかくですから夏の祇園祭セールでは出さない商品を今回特別にピックアップしていきたいと思います。

【十二星座小紋着尺】

019ss (2)

123s (2)

160s

140s

152s

002s

完全受注生産のええもん屋、工芸キモノ野口の手描き小紋です。

お馴染みの影織の生地を濃い緑色に染め、十二星座をすべて手描きで表しております(柄を全て掲載出来ずスイマセン)

現在発売中の美しいキモノ冬号でも色違いの淡いグレーが掲載されております様に人気の図案です。

現品のみ特別価格でご提供させていただきます。

価格の方は弊社ホームページの「おすすめ商品」の影織縮緬小紋着尺十二星座をご覧下さいませ。

 

お買い得商品は、通常価格の50%~30%OFFです。

逸品物なので数は少ないのですが、10点ほどボチボチ投稿する予定です。

お好みが合えば大変お買い得ですのでお見逃しなく!

 


小千谷紬絞り名古屋帯

2019.12.10

本日ご紹介します商品は小千谷紬の絞り名古屋帯「椿」でございます。

IMG_3622s

IMG_3569 (2)s

IMG_3611s

IMG_3613s

IMG_3614s

IMG_3617s

IMG_3618s

IMG_3623 (2)s

越後小千谷の真綿地に椿柄を絞りで表したお洒落な名古屋帯です。

冬を代表する花「椿」は大好きな図案、とくに絞りで表現する椿は小紋でもよく誂えます。

ただ小紋の場合たれもの系の柔らかい生地が多いのですが、今回の帯は紬を絞ってます。

紬地は硬くて絞りにくい、どうしても綸子系の柔らかい生地の方が絞りやすいですよね

今回は真綿紬を使っておりますのでいくぶん柔らかいですが、そのぶん値段が高い。

実は着物でこのタイプをあまり作らないのは値段の事がいちばんのネックなんです(苦笑)

余談が多かったですが、薄茶地に椿の藍色がガツンと効いた中々良い出来の地味派手。

小さい葉っぱもええ感じに添えられたと思います。

紬や小紋の着物に合わせていただくのがおすすめのコーディネイト。

工芸キモノ野口の商品ですから、品質もセンスも抜群

この冬のお洒落アイテムにおすすめの逸品です。

 


雪の結晶名古屋帯

2019.12.07

12月に入り気忙しい毎日

中々ブログの更新も出来ずスイマセン

色々と新商品も入ってるし、ゆるい毎日を過ごしてるネタ?も色々とあったのですがね~(笑)

 

けっこう寒い日が続く京都ですが、私達のところでは初雪はまだ

しかし雪の結晶の帯はございます!

IMG_3277s

IMG_3225s

IMG_3268 (2)s

IMG_3271 (2)s

IMG_3272 (2)s

IMG_3282s

西陣まいづるの雪の結晶九寸名古屋帯

シンプルな単色の唐織の名古屋帯です。

これからの寒い季節にぴったりですし、まだまだ急ぎのお仕立も大丈夫。

是非、ご依頼くださいませ。

 


宝尽し小紋

2019.12.04

本日ご紹介致します商品は「宝尽し小紋」

IMG_0411s

IMG_0545s

IMG_0547s

IMG_E0548s

IMG_E0549s

IMG_E0550s

IMG_E0551s

IMG_E0552s

IMG_E0554s

上質な河藤の浜ちりめんを白茶地に染め、宝尽しを散りばめた上品な小紋です。

白茶色と申しましたが、薄い茶にグレーが混ざったと言いましょうか何色と表現しずらい奥深い色。

その地色の中におめでたい吉祥文様の宝尽しを小さく飛ばしております。

宝尽し柄もあえて白抜きに金と黒のみの単色で表し、上品でひかえめではありますが格調高い小紋に出来上がったと思います。

みなさまご存じ、工芸キモノ野口の商品ですので品質も染めも一級品でございます。

小紋ですから名古屋帯を合わせてカジュアルな着こなしを楽しんでいただくのは勿論ですが、ちょっと格調高い袋帯を合わせて気の張る場所に行かれても大丈夫。

特にお正月からの新春にはぴったりだと思います。

是非、手に取ってお試しくださいませ


雪の華散らし小紋

2019.12.02

本日ご紹介します商品は「雪の華散らし小紋」です。

IMG_0417s

IMG_0531 (2)fs

IMG_0533 (2)fs

 

IMG_0534 (2)s

IMG_0535 (2)s

IMG_0537 (2)s

IMG_0538 (2)s

IMG_0540 (2)s

IMG_0542s上質な浜ちりめんを濃い紫で染め、雪の華を散らした小紋です。

雪の華と銘打っておりますが、いわゆる雪の結晶を意匠化したもの。

深い濃い紫の空間に白抜きで表した雪の華

シンプルですがどこか存在感のあるこちらの商品はお馴染みの工芸キモノ野口の商品です。

これからの季節、着物としてお召し頂くのは勿論ですが羽織やコートにされてもお洒落。

ありそうで中々無い逸品、是非手に取ってご覧下さいませ。

年内お急ぎのお仕立もまだまだ間に合います。


美しいキモノ掲載「笹にふくら雀付下げ」

2019.11.27

本日は美しいキモノ冬号にモデルの熊沢千絵さんの着こなしで掲載しております付下げ

「笹にふくら雀」をご紹介致します。

IMG_3479s

IMG_3388 (2)s

IMG_3391 (2)s

IMG_3397 (2)s

IMG_3400 (2)s

IMG_3403 (2)s

IMG_3404 (2)s

IMG_3405 (2)s

IMG_3414s

009s

上質な縮緬の生地「凛」を焦げ茶色に染め、笹にふくら雀の柄を表した付下げです。

神様が宿る神聖な木と言われる笹と、冬の寒さに耐えふくらむ雀「ふくら雀」は吉祥文様として昔から人気の図案です。

ふくら雀は「福良雀」や「福来雀」とも呼び、富と繁栄を願う縁起のよいものでもあります。

意匠化された雀のモチーフは、あえて白上げで表現するというこだわり。

あまり色数の少ない単色のイメージに見えますが、生地端の試し色をご覧いただきますと分かる様にけっこうな色数を使っております。

しかしスッキリ見えるのは白上げをはじめとする色のバランスでございます。

この商品もお馴染み工芸キモノ野口の仕事、やはりさすがのセンスですね。

そしてこちらは付下げですが、同系の生地で八掛を染めて仮絵羽しておりますので手を通してお試しいただけます。

是非、お問合せお待ちしております。


美しいキモノ掲載「蝋纈シケ引きよろけ小紋」

2019.11.26

本日は美しいキモノ冬号にモデルのRINAさんの着こなしで掲載しております小紋

「蝋纈シケ引きよろけ小紋」をご紹介致します。

IMG_3497s

IMG_3436 (2)s

IMG_3440 (2)s

IMG_3447 (2)s

上質なひとこし系の縮緬地に深い緑色のシケ引きによろけ縞を走らした蝋纈染の小紋です。

弊社が好んで誂えるタイプで、お買い上げいただいたら色や柄を変えて必ず在庫に置いています。

美しいキモノでは丁度クリスマスの時期なのでクリスマスツリーを連想させると書いてありますが、別にクリスマス用に作った訳ではありません(笑)

あっ、でももちろんクリスマスに着て頂くのは大歓迎ですよ!

蝋纈染めをおさらいしておきますと

染色方法の一つで溶かした蝋を筆などで生地に塗り模様を描き、蝋が乾燥して固まったら染色します。

そして蝋を落として水洗いすると蝋のあった所は白く染め抜かれています。

蝋を乾燥させるときにひび割れを入れておくと、独特の亀裂模様に染め上がるのが特徴。

今回も皆様ご存じの工芸キモノ野口でお願いしております。

004s

011s

そして美しいキモノではトリコロールカラーの切りビロードの名古屋帯を合わせておられます。

その帯も工芸キモノ野口の商品なのですが残念ながら弊社の在庫ではございません

同じ柄で色違いの切りビロードの名古屋帯「いろいろ星」は弊社の在庫にあるのですが、掲載されたのは違うお店の在庫です。

まあクリスマスを意識して掲載されてるので仕方ないですが、弊社の帯の方が良く合ってません?(笑)

是非、お問合せお待ちしております。

 


美しいキモノ掲載「宝尽しの丸小紋」

2019.11.25

本日は美しいキモノ冬号に女優・吉田羊さんの着こなしで掲載しております小紋

「宝尽しの丸」をご紹介致します。

IMG_3385 (2)s

IMG_3418 (2)s

IMG_3420 (2)s

IMG_3424 (2)s

IMG_3426 (2)s

IMG_3430 (2)s

IMG_3431s

003s

濃い紫色に染めた上質な生地「凛」に宝尽しを丸文に表した上品な小紋です。

店での撮影ではこの高貴な濃い紫色が上手く出せず四苦八苦

吉田羊さんがお召しになられてる着物の色が現品にいちばん近いのでご安心ください(現品を着ておられるのですから当然ですが笑)

そして金で描いた白抜きの宝尽しを丸文に表し、所々に金泥をボカシの様に入れております。

お正月にぴったりなおめでたい古典模様の小紋

もちろん着物や帯の柄には一年中使われておりますのでご安心ください。

この商品は完全受注生産のええもん屋、工芸キモノ野口の商品ですから上品で格調高く他にない逸品です。

これからの新春の一枚に如何でしょうか?

是非、手に取っご覧下さいませ。

 

 


美しいキモノ2019冬号に掲載しております。

2019.11.22

婦人画報の美しいキモノ2019冬号

表紙は柴咲コウさん

重要無形文化財「刺繡」保持者の福田喜重さんの星空をイメージした訪問着に人間国宝・北村武資さんの袋帯という最強コンビのコーディネイト。

ため息が出るほど素晴らしいですね。

002s

今回の冬号では女優・吉田羊さんが着こなす「令和」初めてのお正月がテーマ

弊社お薦めの宝尽し小紋をお召いただいております。

【宝尽しの丸】(P25掲載)

003s

そして年末を彩る華やかな装い(クリスマスパーティー)をテーマにモデルのRINAさんの着こなしで、弊社お薦めのローケツ染の小紋を掲載しております。

【蝋纈シケ引きよろけ小紋】(P31とP242掲載)

004s

014s

そしてそして今回も盛りだくさん!

新年を寿ぐ晴れやかな装い(仕事始め)をテーマにモデルの熊沢千絵さんの着こなしで、弊社お薦めの付下げを掲載しております。

【笹にふくら雀】(P42掲載)

009s

これからの季節にぴったりの小紋と付下げでございます。

是非、ご覧下さいませ。

掲載商品の詳細はまた改めてご紹介致しますのでご期待ください。

 


飛天錦楽浪唐花袋帯「洛風林」

2019.11.20

本日も洛風林の袋帯をご紹介します。

昨日ご紹介しました雲流柄の袋帯と同じ「飛天錦」の帯地で

「楽浪唐花柄」の図案で織られたお洒落な袋帯です。

IMG_2916s

IMG_2903s

IMG_2905s

IMG_2907s

IMG_2908s

IMG_2910 (2)s

同じ飛天錦でも昨日の雲流柄とは雰囲気が全然ちがう「楽浪唐花」

紀元前108年ごろに中国・漢の植民地として朝鮮半島に存在した楽浪群という日本に文明を伝える機関があった地域の遺跡から出土した品を元に図案化されたものです。

唐花模様は着物や帯でよく使われる模様ですが、飛天錦地の風合いと独特の配色も組み合わさった存在感抜群のモダンな袋帯だと思います。

こちらは展示会にお伺いした時、一番に気に入っていただいた帯です。

昨日の雲流柄よりお洒落っぽい感じにみえますが、もちろん訪問着から小紋までお使いいただけますし

袷の時期から単衣の時期まで長く締めていただけます。

是非お手に取ってご覧いただきたい逸品です。


飛天錦雲流袋帯「洛風林」

2019.11.19

工芸帯地「洛風林」

『真実に美しいものは常に新しい』

もはや説明はいらないでしょう、1954年創業で三宅清治郎、白洲正子、河合寛治郎、棟方志功など多くの文化人との交流の中で培った審美眼で世界中を旅し集めた染織品や工芸品を研究しイメージした図案で制作された帯。

現代でも樋口可南子さんや森田空実さんなど多くの著名人や着物通から信頼を寄せられているブランドです。

 

今回ご紹介する商品は袋帯「雲流」

IMG_2925s

IMG_2899s

 

IMG_2917s

IMG_2921s

IMG_2920s

IMG_2919s

こちらは洛風林オリジナルの帯地「飛天錦」

節のある真綿糸に箔を巻き付けた特殊な経糸、そして一昼夜水に浸した「濡れ緯」を緯糸に使用した織。

この糸使いは織るのが大変難しく熟練の技術が必要で、織りあがった帯の表情は光の加減よ見る角度で変わります。

そして触って頂いた方だけわかっていただけるシャリ感、とほんの少しだけの透け感。

この生地風のお陰で袷の時期だけでは無く単衣の時期も締めていだだけます。

吉祥文様である雲流の柄ですので付下げや訪問着にもお使いいただけますし、もちろん小紋や色無地にあわせていただいてもお洒落です。

弊社で洛風林の帯をご紹介するのは初めてかとおもいます。

是非手に取ってご覧いただきたい逸品でございます。

 

 


新着記事 カテゴリー アーカイブ

京呉服塚本 インスタグラム

京呉服塚本 Facebook

京呉服塚本
〒604-8233
京都市中京区油小路通四条上ル
藤本町544-1
TEL:075-221-6610
FAX:075-255-1014

京呉服塚本 新町・分室
〒604-8214
京都市中京区新町通錦小路上ル
百足屋町

ご来店いただく場合も完全予約制をお願いしております。 大変恐れ入りますが、まずは、お電話でお問い合わせください。

祇園祭の際には、新町分室の方で
店頭販売をしております。
お気軽にお立ち寄りください。

このページの最上部へ