フランケンシュタイン染名古屋帯-京呉服取扱、京都市中京区の株式会社塚本です

京呉服をはじめ、お着物のことならお仕立てからお直しまで、お気軽にご相談下さいませ。

お電話 075-221-6610

京ブログ

フランケンシュタイン染名古屋帯

2021.10.06

本日は私が中学生の頃から大ファンだった、エドワード・ヴァン・ヘイレンの一周忌

いつも笑顔でカッコいいギターを弾くエディが大好きでした。

その影響でというわけではないですが息子もギターを始め、ついには自分の生業とするまでになっております。

彼もエディには多大な影響を受けていたので、昨年エディの訃報を知った時には親子で故人を偲んだものです。

 

そこでエディーファンとしたら思い出の品が欲しくなりますよね。

オーダーしました「フランケンシュタイン」

かなり待ちました、春くらいと聞いていたのに遅れに遅れてやっと先日届きました。

520 (2)s

400 (2)s

391 (2)s

409 (2)s

421 (2)s

 

そして今回の本題です。

ギターのオーダーと並行して、誂えておりました「染帯のフランケンシュタイン」

図案や染めに試行錯誤しながらもエディーの一周忌にお披露目しようと思っておりましたこちらも完成しております。

293 (2)s

286 (2)s

302 (2)s

051 (3)s

366s

243 (2)s

183 (2)s

273s

231 (2)s

208 (2)s

228 (2)s

255 (2)s

 

生地は上質な塩瀬地を使い、線の部分の裏表に蝋を置き、そして地色の赤を染めます(ローケツ染と同じ感じ)

先ずは地色の赤と白の線を作るという事です。

そこから逆に線の赤部分の縁に蝋を置き、手描きで黒色の線を描いていきます。

全部手で描いておりますので、近くでみると微妙に歪んだり波打った線になっておりますが、そこは「手仕事の味」としております(笑)

これが簡単なようで難しく、このビビットな赤が色落ちしないようにかなり洗ってますし、白の線部分もかなり地直しして白くしております(苦笑)

 

何本も作って販売するなら型染めで作る方が価格も抑えて簡単で綺麗に仕上がるのですが、そうすると色々と権利の問題があるでしょうし難しい。

かと言って型染めで1本だけ作ると、その1本に型代が全部のっかりますので凄い値段になってしまいます。

その様な訳で手描きの染帯になった次第です(苦笑)

こちらの帯は、いつもお世話になっております工芸キモノ野口にお願いしております。

床の間にギターとこの染帯を飾って撮影してる時は、もう嬉しくて嬉しくて仕方ありませんでした(笑)

 

私の自己満足で家内用の帯として作りましたが、もし欲しいと仰る方がおられましたら弊社HPのお問合せメールやInstagram・Facebookのメッセージで価格等をお問い合わせ下さいませ。

 


新着記事 カテゴリー アーカイブ

京呉服塚本 インスタグラム

京呉服塚本 Facebook

京呉服塚本
〒604-8233
京都市中京区油小路通四条上ル
藤本町544-1
TEL:075-221-6610
FAX:075-255-1014

京呉服塚本 新町・分室
〒604-8214
京都市中京区新町通錦小路上ル
百足屋町

ご来店いただく場合も完全予約制をお願いしております。 大変恐れ入りますが、まずは、お電話でお問い合わせください。

祇園祭の際には、新町分室の方で
店頭販売をしております。
お気軽にお立ち寄りください。

このページの最上部へ